about

子どもは 5 歳のころ胃ろう造設のオペをしました。
当時、ボタンの交換は 3 ケ月に一度で、胃ろうチューブの汚れが気になり百均のストロー洗いなどで洗っていましたが、長さが足りずどうしても先端まで洗いたい衝動に駆られ、ブラシの業者さんに製造の見積もりをとったところ 1本2,000円で 100 本単位で注文してくださいとのことでしたので、業者さんに作ってもらうことはあきらめました。
特に、学校では 1 本のチューブを長期間使用するので、なんとか自分で胃ろうのチューブが洗えるものを作れないかと考え、試作したものを学校の保護者のみなさんや教職員の方に使用してもらい、改良を重ね現在の形になりました。当時は、同じ学校に通っている保護者の方から頼まれ作っていましたが、無料では頼みずらいとのことで、校内のバザーで販売を始め、その後「障がい児者守る会北海道支部」などで紹介され、北海道内や札幌市内の養護学校の生徒さんからも注文がくるようになりました。また購入した方がフェイスブックで紹介してくださいました。全国からの注文に洗うものがない現状を知りました。購入した方からの口コミなどで、注文をいただくようになりました。以前は製作に、学校にある工具を使わせていただいていましたが、卒業を目前に工具を購入し、自宅で作れるようになりました。あらいくんを作ってくれるお手伝い(卒業生のお母様)の方も出来て、以前より生産量も増えました。また、子どもの通所先の利用者さんに簡単な作業を手伝っていただくこともあります。どれほどの力になれるかわかりませんが、障がいのある方の働く場の提供ができれば嬉しいです。
介護される方たちの負担軽減のため希望する方に販売していきたいと思っています。

鈴木貴代